ニュース

現場進捗から、日々の出来事や取扱商品の紹介まで。

シグマ建設からの最新情報をお知らせします。

年末年始休業のお知らせ

2018/12/06 [シグマ日記]

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休業とさせて頂きます。

期間中は大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

 

                       記

     平成30年12月29日(土)〜平成31年1月6日(

仁淀川ふれあいマラソン in Tosa City

2018/12/01 [シグマ日記]

気がつけば今年も残す所後1ヶ月となってしまいました。


毎年ほんとに月日が過ぎるのが早くなってきている気がするのは私だけでしょうか

(笑)

寒さも例年に比べたらかなりましな気もしますが、皆様お変わりなくお過ごしで

しょうか?さて、個人的な話題にはなりますが、日頃の運動不足解消も兼ねて年1回

はイベント的に龍馬マラソンに参加していました。

ただ、1年毎のスパンは少し間が空いてしまうので、今年は初めて土佐市の仁淀川

ふれあいマラソンに参加させて頂きました。

距離はハーフ(約21km)でしたが、当日は天候も気温もちょうど良い感じで

かなり気持ち良く走る事ができました。走り終わった後のつみれ汁がとても

美味しかったです(笑)。ペース的にはまだまだ上げていける様トレーニングした

いと思いますが何より秋晴れの中走るのはなかなか心地良かったです。

次は来年2月の龍馬マラソンに向けて頑張りたいと思います!

                                              管理人T

 

秋晴れでとても天気が良かったです

少し曇ってきましたが川沿いを走るのは気持ちいいです。

もう少しペースを上げれる様頑張りたいです。

Y様邸浴室リフォーム

2018/11/27 [シグマ日記]

浴室リフォームのご紹介となります。

築38年の浴室の改修事例となりますが、床壁共にタイル張り及び一部石貼り仕上

げで浴槽はステンレス仕様の浴室をシステムバスにリフォームさせて頂きました。

以前から床の段差や滑り易さの解消と浴室自体の断熱性を高めたいご意向でした

が、今回始めてLIXILさんのスパージュを採用して頂きました。

一番の特徴としては、なんといっても肩湯です!

浴槽内のお湯を循環させて肩口から出てくる仕組みです。

普段浴槽に入っている時でも肩までしっかり浸かるのは湯量も必要で、実際には

なかなか肩までしっかりと温まるのは難しいと思います。その点この肩湯ではお湯

から出た肩の部分もしっかりと温める事ができて、お風呂から出た後でも実感として

温かく感じるとの事でした。

また、将来的な浴槽内での動作も考慮してベンチカウンタータイプの洗い場

を採用頂いておりますが、このカウンターでは腰をかけてゆっくりとシャワーを浴び

る事もできます。

両サイドに手摺も水平に設置しているので足腰が弱ってきてからの動作環境も考慮

した作りとなっています。

LIXILさんのシステムバスの中でもグレード感は上位シリーズとなりますが、

その価値は十分にあると感じました。

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

                                              管理人T

既存浴室はタイル・石張りで床段差がありました

ベンチカウンタータイプの洗い場で壁際のライン照明も良い雰囲気です

肩湯は冬場に大活躍しそうです

Y様邸水廻りリフォームその2

2018/11/09 [シグマ日記]

続いてのご紹介になりますが、Y様邸水廻りリフォームではトイレスペースの改善も

ご要望のポイントでした。当時のトイレでは床段差を設けタイル張りの仕様のケース

も多いのですが、年齢を重ねるにつれて段差や滑り易い素材は日常利用の中で

大きなご心配事となります。そこで今回は床の段差解消だけではなく、車椅子利用

も想定したスペースの確保もリフォームの要点となりました。

床材には通常よりも耐久性の有るCFシートを使用し、手摺については壁面側とは

別に跳ね上げ式の可動タイプも採用させて頂きました。

出入り口の扉もアウトセット引戸とする事で極力床をフラットに連続できる様に

配慮しています。

弊社では浴室に限らず、トイレ等水廻りから住宅全般に関するバリアフリーリフォー

ムも多くご依頼頂いております。プランニングからお気軽にご相談下さい。

 

                                                 管理人T

改修前トイレ(床段差が有り、タイル張りでした)

改修後トイレ(床段差を解消し、車椅子使用も想定し広くスペースを確保しました)

Y様邸水廻りリフォーム

2018/11/08 [シグマ日記]

前回のご紹介に続きまして、Y様邸水廻りリフォームを紹介させて頂きます。

Y様邸ではトイレを始めとして洗面脱衣室、浴室の水廻り全般をバリアフリー仕様に

リフォームさせて頂きました。プラニングの段階では車椅子使用の想定も含めた

お客様のご要望にできるだけお答えできる様に心がけました。

システムバスにつきましては、実際に入浴する動線や身体の動かし方にも配慮し、

実際にショールームで体感頂いた上で今回はTOTOさんの製品を採用させて頂き

ました。

浴槽までの動線上にできるだけ手摺等のつかまる事ができるヶ所を多く

確保し、ベンチカウンターに座って浴槽への横移動ができる点が特にご好評頂きま

した。

実際の入り方をイメージしながらご決定頂けた点はとても良かったと感じています。

また、将来的に車椅子での使用も想定して洗面脱衣室もできるだけ広いスペース

に改修しました。トイレのリフォーム内容は引き続きご紹介します。

 

                                          管理人T

浴室改修前(床段差が大きく浴槽の深さもありました)

浴室改修後(使用時の動線に配慮したベンチカウンタータイプの明るい浴室となりました)

洗面脱衣室改修後(洗面化粧台前で座って使用できるカウンターを採用しました)

ページ上部へ戻る